賃貸のアパートに住んでいた主人の弟は1階に住んでいたのに近所に出かける時は鍵をかけませんでした。

もしもあなたの賃貸が取り壊されることになったなら

注目度がUPしているハナシ。下記がお勧め

賃貸のアパートに住んでいた弟は鍵をかけない

賃貸のアパートに住んでいた主人の弟は住んでいた階数が1階だというのに近所に出かける時は家に鍵をかけないで出かけていました。かなり無用心です。最初は私もそれにすごく驚きました。どうして、一人暮らしの弟が鍵をかけないで出かけているのがわかってしまったのかというと、弟は学生で昼が学校夜はアルバイトの生活でした。学校は毎日なかったりしたのでお昼家にいる事も多々ありました。それに私たちが住んでいる家の近くに住んでいたのでたまにお昼私と子供だけで弟にご飯を届けにいったりしていたのです。その時、弟がドアに鍵をかけていなくてドアを開けると誰もいないしで私はすぐに弟に電話しました。すごく最初は驚きました。

電話をすると弟が普通に出て何と聞くので今どこにいるのと聞くと近所のコンビニでした。家に鍵をかけていないというと弟は普通にうんと言っていました。忘れたのではなくてめんどくさいから鍵はかけていなかったそうです。それに対して私はすごく驚きましたし、弟を怒りました。私達が住んでいる場所は確かに良い場所です。しかし、いつ泥棒が入るかそれは誰にも分かりません。危ないです。いくら家に何もないと言っても何かはあります。パソコンだってあります。なので何もないわけではないのです。しかし、1階の一番奥の部屋なので大通り沿いにあるアパートではありますが奥だと薄暗くて大通りからはよく見えません。なので変な人が入っても分からないのです。なので鍵をきちんと閉めるにと注意しました。

関連記事・情報

Copyright (C)2017もしもあなたの賃貸が取り壊されることになったなら.All rights reserved.